1940年
(昭和15年)
取手には幼稚園も保育園もまだなかった頃、弘経寺(ぐぎょうじ)前住職  金田明進上人はこどもの教育の重要さを思い、このお寺に幼児施設(取手保育園)を開設しました。
1965年
(昭和40年)
幼児の急増に伴い、白山幼稚園を創設しました。学校法人  和順学園の認可を得て今日に至っています。
 
 取手市内でも歴史と伝統をもつ 幼童の楽園 の場として、
自然に恵まれた環境の中で、地域の人々の要望にこたえています。